Nebula XAI

Experience the future artificial intelligence

Panasonic and Canon、AI Innovationsの新しいカメラ:2023レトロスペクティブ、1月〜2月

** 2023レトロスペクティブ、1月から2月:パナソニックとキヤノンの新しいカメラ。 aiは波を起こします**

2023年は、人工知能(AI)がセンターステージを獲得し、製品の発表と技術の進歩の忙しいスタートを迎えました。 2023年の回顧展のこの最初の記事では、1月と2月に発生した重要な発展を再検討します。

**パナソニックはS5IIおよびS5IIXカメラを紹介します**

パナソニックは、人気のS5モデルの後継者であるS5IIとS5IIXの最新のミラーレスカメラを発表することで、年を開始しました。これらのカメラは、オートフォーカスの改善、S5IIXへのプロア記録の追加、より競争力のある価格帯など、顕著なアップグレードをもたらしました。 S5IIは、その画質、信頼性の高いオートフォーカス、および全体的な価値を称賛しました。

** Sonyは空間現実ディスプレイとポータブルボリュームキャプチャを発表します**

CES 2023では、Sonyは2020年に最初に導入された3Dディスプレイシステムの大きなバージョンである革新的なSpacial Reality Displayを紹介しました。27インチディスプレイにより、視聴者は特別なメガネを必要とせずに3Dコンテンツを体験できました。さらに、ソニーは、環境とオブジェクトの高解像度3D表現をリアルタイムでキャプチャできるポータブルボリュームキャプチャシステムを導入しました。

**チップテクノロジーをめぐるARMとQUALCOMMの法的紛争**

コンピューターチップの領域では、アームとクアルコムは法的戦いに巻き込まれていることに気づきました。許可なくカスタムコアの開発を継続することにより、Qualcommがライセンス契約に違反したと非難した。この紛争は、知的財産権の複雑さと、半導体業界内の革新を維持するという課題を強調しました。

** Getty Imagesは、画像の不正使用よりも安定性AIを訴えます**

AI画像ジェネレーターの顕著な増加は、法的課題につながりました。 Getty Imagesは、Stable拡散の作成者であるStability AIに対する訴訟を提起しました。このケースは、著作権侵害と、著作権で保護された資料を使用してAIモデルを訓練することの倫理的意味に関する最前線にもたらされました。

** ShutterStockはAIイメージの作成を紹介します**

法的課題にもかかわらず、AIは進歩を続けました。大手ストックイメージプロバイダーであるShutterstockは、Dall-Eを搭載した独自のAIイメージ生成システムを導入しました。この動きは、倫理的慣行に焦点を当てているが、AIの訓練に使用された芸術家に対する公正な補償を確保しているにもかかわらず、クリエイティブ産業におけるAIの受け入れが高まっていることを示しています。

** CanonはEOS R8とEOS R50でミラーレスラインナップを拡張します**

キヤノンは、2つの新しいミラーレスカメラ、EOS R8とEOS R50を導入することで争いに参加しました。愛好家や専門家を対象としたR8は、フルフレームセンサーと印象的なバースト射撃機能を備えていました。初心者とコンテンツクリエイターを対象としたR50は、APS-Cセンサーとユーザーフレンドリーなデザインを提供しました。

これらの開発により、2023年は革新と技術の進歩の急増から始まりました。私たちが今年を進むにつれて、これらの開発がどのようにしてイメージテクノロジーとクラフトを動かす世界を形作り続けているかを目撃することは魅力的です。

See also  今年の最も人気のあるAIツールを発表する:ChatGPTは60%の使用で支配的です