Nebula XAI

Experience the future artificial intelligence

AI Horizo​​n 2023の発表:トップ5の生成AIイノベーション

AI Horizo​​n 2023の上位5つの生成AIイノベーションを開始する

2023年は、生成的AIのブレイクアウトをマークし、a敬の念と興奮から、人間の仕事の潜在的な変位について業界全体の恐怖と恐怖の可能性に至るまでの反応を呼び起こしました。それにもかかわらず、2023年は、GoogleのGemini言語モデル、MicrosoftのBing Chat、Elon MuskのGrok AI、OpenaiのGPT-4言語モデルなど、AI関連の発表が大量に発表されました。ここでは、2023年の上位5つのAI製品の発売を調べます。

1. BARD AI:Googleは、生成AIテクノロジーの急速な進歩に不意を突かれた可能性があり、Googleは急いでBardを「初期の実験」として紹介しました。これは、独自のチャットボットです。今年の後半、Googleは、その機能を強化するための継続的な取り組みの一環として、Geminiと呼ばれるより強力な言語モデルをAIチャットボットに追加しました。さらに、同社は、Gemini Ultra Languageモデルを含めることにより、バードAIチャットボットがさらに強化されると発表しました。

2. Bing Chat:Bard AI Chatbotのデビュー後、Microsoftは独自の生成AI搭載製品を発表しました。 Bing Chatと呼ばれる新しいツールは、MicrosoftのBing検索エンジンと深く統合されています。チャットボットに対する最初の混合反応にもかかわらず、MicrosoftはGPT-4言語モデルのサポート、OpenaiのDall-Eを搭載した画像生成機能、そして最近の開発において、構成する噂の能力を含む、Bing Chatに新機能を導入し続けました。曲。

3. GPT-4:おそらく、最も重要なAIリリースの1つは、GPT-4言語モデルであり、CHATGPTの基礎として機能したGPT-3.5モデルの後継者でした。当時、Openaiは、GPT-4を搭載したChatGptが、さまざまな専門的および学術的なライティングタスクで人間と同等に演奏したと主張しました。さらに、同社によれば、GPT-4は、創造性の向上、信頼性の向上、およびその前身よりもはるかに大きなニュアンスで指示に従う能力を実証しました。ただし、Openaiの最新言語モデルは、月額20ドルのChatGPTとサブスクリプションでのみアクセスできました。今年の後半、OpenaiはGPT-4ターボを発表しました。これは、コンテキストウィンドウサイズの点で前任者よりも顕著な改善です。 Openaiによると、GPT-4ターボは300ページ以上のテキストを1つのプロンプトに収容できます。

4. Dall-E 3:9月、Openaiは、そのテキストからイメージまでの生成プログラムであるDall-Eでアンティを上げることにしました。同社は、Dall-E 3を使用すると、ユーザーは「驚くべきプロンプトを作成」し、「アイデアを実現する」ことができると主張しました。ただし、GPT-4と同様に、Dall-E 3は当初、ChatGPTとサブスクリプションを備えた会社のプレミアム加入者に限定されていました。それにもかかわらず、Bing Chatはすぐに新しいテクノロジーを無料で利用できるようにしました。

5. Grok AI:GoogleやOpenaiなどと競争するために、Elon Muskはついに思い切って、彼自身の人工知能のスタートアップであるXaiを設立しました。 Xaiの最初のチャットボットであるGrokは、Hitchhiker’s Guide to the Galaxyに触発され、ユーモアと機知のタッチで質問に答えることを目指しました。 Grokは、Elon MuskのGen AIサービスとして、市場の他のチャットボットから際立っており、Xプラットフォームのデータを利用して、世界のリアルタイムの知識を提供しています。

See also  EUSACHプラネタリウムは火曜日から日曜日まで営業しています