Nebula XAI

Experience the future artificial intelligence

生成AIおよびRPA:自動化の新しい時代

生成AIおよびRPA:自動化の新しい時代

既存のデータから新しいデータまたはコンテンツを作成できる人工知能の分岐である生成AIは、新しいレベルの適応性と高度な自動化システムを導入することにより、ロボットプロセスオートメーション(RPA)の分野に革命をもたらす態勢が整っています。生成AIの統合を通じて、RPAはより動的で効率的で、認知的意思決定を必要とする複雑なタスクを処理できるようになります。

スケーリングルールベースの自動化:

従来のRPAはルールベースのワークフローに優れていますが、事前定義されたルールへの依存は効率を制限する可能性があります。生成AIは、機械学習アルゴリズムを最適化し、より速く、より正確な自動化をもたらすことができます。この統合により、RPAは精度が向上して大量のデータを処理できます。

認知的意思決定:

すべての組織タスクがルールベースであるわけではありません。特に構造化されていないデータや異常なタスクを扱う場合、認知的意思決定が必要です。生成AIは、トレーニングされたデータに基づいて決定を通知するモデルを作成することにより、このギャップを埋めることができます。このコラボレーションにより、RPAはルールベースの繰り返しタスクを処理しますが、生成AIは人間の介入を必要とするタスクを管理できます。

ユースケース1:ローン承認プロセス

銀行部門では、ローンの承認プロセスには、重要なデータ収集とルールベースの意思決定が含まれます。 RPAは、基本的なプロセスフローを効率的に処理し、アプリケーションから情報を取得し、貸付基準に対してチェックします。ただし、生成AIは、収入の証明の解釈や経済動向の評価など、RPAが見逃す可能性のあるニュアンスを分析することにより、プロセスを強化できます。この組み合わせにより、プロセスが合理化され、複雑なアプリケーションが徹底的な分析を受けることが保証されます。

ユースケース2:患者診断

ヘルスケアは、RPAと生成AIがプロセスの自動化に革命をもたらすことができるもう1つのドメインです。 RPAは、患者データの取得やサードパーティの承認の管理などのタスクを処理します。生成AIは、構造化されていないデータを分析し、症状を解釈し、治療計画を提案することにより、病気の診断に役立ちます。このコラボレーションは、より深いレベルの分析を提供し、微妙な症状を捉えることにより、患者のケアと治療の結果を促進します。

生成AIをRPAに統合します

生成AIをRPAに統合するには、慎重な計画と検討が必要です。

ソリューションの評価:既存のプロセスを確認して、AIを使用してループに適した領域を特定します。効果的なAI意思決定のために、高品質で多様なデータセットへのアクセスを確保します。

労働力トレーニング:AIテクノロジーの使用、AIの決定の解釈、フィードバックメカニズムに関するトレーニングを提供します。実践的な学習体験のために、AIの専門家とスタッフの間のチームワークを促進します。

移行管理:拡大する前にAIの有効性を評価するためのパイロットプロジェクトから始めます。 AIに強化されたプロセスを継続的に監視し、明確な成功メトリックを設定します。法的および倫理的基準の遵守を確保します。

結論

生成AIは、RPAと組み合わせた場合、RPA 2.0を作成し、自動化機能を再定義します。これにより、RPAはルーチンタスクを処理することができ、生成AIは複雑な認知機能を管理します。戦略的にアプローチすると、この統合は包括的で柔軟で堅牢な自動化フレームワークへの道を開きます。

See also  AI Horizo​​n 2023の発表:トップ5の生成AIイノベーション