Nebula XAI

Experience the future artificial intelligence

未来のロックを解除:Apple GPTチャットがiPhoneに来ています!

Appleと人工知能はますます絡み合っており、Tim CookはAIが会社の将来の重要な側面になるとさえ述べています。最近、Appleで内部で開発されているAIアプリケーションに関する興味深い情報が登場しました。 9TO5MACからの報告によると、信頼できる情報源は、Appleがコンテンツ生成に関連する2つのAIアプリケーションに取り組んでいることを明らかにしています。

最初のアプリケーションはAIチャットボットで、現在は「Apple GPT」と呼ばれ、現在テスト中です。このチャットボットは、iPhone用のChatGPTスタイルのシステムとして実装される予定です。噂と漏れは、テキスト生成AIシステムを通じてSIRIを改善するためのAppleの努力をすでに示唆しています。ただし、AIPHのAIへの投資はテキスト生成を超えています。

2番目のアプリケーションは、3Dアニメーションとビデオの生成に焦点を当てています。 Appleは、複数のカメラを使用して異なる角度からのフレームをキャプチャして、空間ビデオと3Dアバターを実験しています。驚くべきことに、Appleは、短い2次元のビデオ作品から現実的な3Dアバターとアニメーションを作成することができました。わずか30分で、人間の人物を検出し、リアルなアニメーションを備えた3次元表現に変換できます。

これらのAIアプリケーションは、Appleの生態系のさまざまな側面を強化する際の人工知能の大きな可能性を示しています。 Appleはユーザーエクスペリエンスをさらに向上させるためにAIシステムに投資し続けているため、テキストの生成とコンテンツの作成はほんの始まりに過ぎません。

これらのAIアプリケーションはまだテスト段階にありますが、iPhoneのようなAppleデバイスへの潜在的な統合は、ユーザーにエキサイティングな可能性を開きます。拡張されたチャットボットインタラクションから没入型の3Dアニメーションまで、AppleのAI開発は、テクノロジーとの対話方法に革命をもたらす可能性があります。

AppleがAIアプリケーションを調査し続けるにつれて、この技術がApple製品の将来を形作る上で重要な役割を果たすことは明らかです。 Innovationとユーザーエクスペリエンスへのコミットメントにより、AppleはモバイルデバイスにAIの統合に新しい標準を設定する態勢を整えています。 iPhoneでの今後のApple GPTチャットは、このビジョンを実現する上で大きな前進になる可能性があります。

See also  AI駆動のライオンがどのように変容した教え:レジーと生成的人工知能の物語