Nebula XAI

Experience the future artificial intelligence

「AIバブルの終焉」

Stability AIのCEOであるエマント・モスタクは、人工知能は歴史上最大のバブルであると述べました。UBSのアナリストとの会話で、モスタク氏は「私は人工知能が歴史上最大のバブルだと思っています。まだ導入には早すぎるし、銀行業界のような分野で大規模に採用される準備は整っていません。私はこれをドット・AIバブルと呼んでいますが、まだ始まっていないと言えます」と述べました。

Stability AIは、Stable Diffusionの背後にある企業であり、これはOpenAIのプログラムである人工知能の創造的な作成を可能にします。

Stable Diffusionは、指示を使用して写実的な画像を生成することができるユーザー向けプログラムです。100万人以上のユーザーを引き付け、CoatueやLightspeed Venture Partnersなどの企業から1億ドル以上の投資を集めています。

企業の共同創設者兼CEOであるモスタク氏は、彼の経験、経歴、業績、および彼が結んでいる協力関係について何度も嘘をついていると非難されていますが、彼はCNBCによると、自身のブログの大きな投稿でこれらすべてのカテゴリに言及しています。

創造的な人工知能は、大学の研究者、企業のエグゼクティブ、さらには学生たちをも魅了しています。これは、大規模なデータソースを使用して「人間のような」応答と視覚的オーディオコンテンツを生成する能力があるためです。

人工知能は、インターネットの閲覧、ソーシャルメディア、そして家庭のパーソナルアシスタントなどで長い間使用されてきました。

さらに、この技術は、医療、交通、ロボット工学、科学、教育、金融、防衛兵器など、さまざまな分野で使用されています。

ただし、新しい創造的な人工知能は、OpenAIのChatGPTやGoogleのBard、Microsoft Bing Chatなどのツールの使用によって人気を集めています。これらのツールを介してユーザーはAIと対話したり、Dall-E、Stable Diffusion、Midjourneyなどのアートや画像作成メディアを使用したりすることができます。

モスタク氏は、人工知能の分野には10兆ドル以上の投資が必要になると述べ、「その分野は、5Gと同様に人類の広範な知識を支えるインフラストラクチャの観点から非常に重要です」と指摘しました。また、UBSなどの銀行がこの技術を採用せざるを得ないと述べ、「これは巨大な市場です」と述べました。

モスタク氏は、この技術はまだ初期段階にあり、「金融などの分野で広く利用される準備ができていない」としていますが、将来的にはイノベ

See also  「2023年のトップクロム拡張機能を発見してください。